■伊坂ブーム

こちらのブームも確実に、キテいます。
毎日伊坂いさかイサカ。

最近読んだ3冊。

ラッシュライフ





それぞれの、ラッシュライフ。
負のスパイラル。つながっていく人々。
つながっているようで、交わることはなく、すれ違う。
この話では魅力的な人物が少ないのがいい。
他の作品に比べて、運が悪くて、バカみたいに信じたり、疑ったりするひと。
醜くて情けなくて、救いようもないのが、いい。



オーデュボンの祈り





現実離れした作品はすきじゃない。
どこかにありそうな場所、どこかに居そうな人、そういう話の方が惹かれる。
でも、この作品にはのめりこんだ。荻島。未来を知るカカシ。不思議で、面白い。
ずっと、あの島が続いていて欲しいと、読み終えたくないと思った。
読むにつれ、どんどん映像が見えるようで、面白い。荻島が見えた。
このカカシの、神様のレシピの考えが、ずっと他の作品にも繋がっている。
桜、伊勢谷友介あたりで映像化できないだろうか。



グラスホッパー





あとがきに、ハードボイルド小説と書いてあった。
本当に、テンポがよくかっこいいハードボイルド小説。
たくさん人が死ぬ。苦手なわたしでも読めた。
キャラ立ちした登場人物たちが、走る、考える、戦う。
死ぬ者と生きる者。人は、昆虫に近いのかも、しれない。


さて、まだまだ買いだめした本があるから。
まだまだ続く、イサカブーム。


[PR]
by chopstix084 | 2008-03-13 22:40
<< ■『アニー・リーボヴィッツ レ... ■まつけんブーム >>